クリエイティブなロボット
ソーシャルでかつ認識能力が特徴
認識システム
自己学習アプリケーションのため
スマート対話ソリューション
人間と機械の相互作用の最適化のため
音声認識
オーディオプロセッシングを使用
Haapieは仮想のキャラクターだけでなく、認知システム、自然言語音声認識、そして対話管理ソリューションを含む高度なソフトウェア·コンポーネントを統合した認知可能なソーシャルロボットのデザイン開発を行っています。Haapie-Oneとそのファミリーは、Haapie Studioで特定の要件に合わせて調整することができるカラーデザインや機能の観点で、完全にカスタマイズ可能である汎用性の高いソーシャルロボットです。私たちのソフトウェアは、次世代のスマート対話ソリューションとヒューマンマシンの通信を容易にするように設計されています。
これらは自然言語音声インターフェイスを使うことで相互作用が流動的で効率的であることを保証しています。私たちの認知と対話の管理技術は、創造的かつ自己学習可能なロボットやアプリケーションの新世代への道を開きます。

テクノロジー

スマート対話型アプリケーション用の
コンポーネント

ロボット工学

ソーシャル認知ロボットのための
ソリューション

ロボットに遠くから話しても、電話か他のデバイスに直接話しても、当社のスマート音声プレプロセッシングは周囲の雑音から話者の声を判別し、音声信号をノイズ除去するように設計されています。これによりクリーンな音声が音声認識エンジンによって処理され、認識結果の最適化が保証されます。効果的なエコーキャンセル成分も、割り込みや会話による相互対話をサポートするために利用可能です。たとえばHaapie-Oneは音楽を演奏すると同時に相手と対話をすることさえ可能です。