Haapieの対話管理コンポーネントは、相互作用の中のコンテキストと意味を抽出し、適切な答えを返すように入力音声を分析します。
 
対話マネージャには短期と長期の記憶があります。短期記憶は、対話がより直感的であるように、会話中に操作される概念を記憶する一方で、長期記憶は過去のすべての会話を記録します。